カンカンの思い出(笑)

今日は学生時代の
友達との思い出を一つ書きます

この話は飲み会と言うには
あまりにも小さな話なのですが・・・



その日私は友達と服を買いに出掛けていました

場所は原宿やら下北沢やらにいってから
渋谷に行ったんだと思います


気に入った服を買いこみ
ホクホク顔の二人

ただ
かなり歩いたので喉がからから


しかも季節は夏ですから
よけいにからから具合が増してましたよ


二人でとことこ渋谷駅に向かいながら
『生ビールが飲みたいね』
という話になり
二人の残金を確認しました

帰りの電車代を抜いた残金が
二人合計で4000円なかったのです

普通なら生ビールを諦めて帰ると思うのですが
その時の二人は違いました

『この4000円ギリギリまで飲じまおう』

となるんです(笑)

お店の名前は忘れましたが
お店の入り口に
踏み切りの遮断機がおいてあり
【カンカン】鳴っていましたので
二人の間でそのお店は
カンカンに決定

お店に入り
メニューを入念にチェックし
御通しの代金も確認した上で

『生2つと枝豆お願いしま~す』
と、注文

確か、生ビールだけだと居づらいからという
分けの分からない理由で
枝豆と一番安い刺身を注文

生ビールは2杯ずつしか
飲めませんでしたけど
当時の二人には
大満足でした


お店を出ようとした時に
店員さんが
『おトイレですか?』
と、聞いてきましたが

私達は堂々と
『お会計で


さすがに少しだけテレながら
出てきましたが
今ではいい思い出です



その友達と最近会って飲むと
お互いが金を持っているんですよ(笑)

当時の事を思い出すたびに
笑ってしまいますが
お互い大人になったということでしょうね(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年06月21日 23:00
お金のない時代、「よし一杯呑んで帰れる」とか、先輩に連れてってもらい、先輩の「おごったる」という言葉に、取りあえず「良いんですかぁ」と発しつつ実は「やったぁ~」と思った日もしばしば。
懐かしい
2009年06月22日 13:29
お金が無い時に限って無性に飲みたくなること、ありますよね。

そんな時、酒屋で一番安い酒買って、「いりこ」みたいな肴で飲んでました。最も安上がりでした。
2009年06月22日 19:58
>>MONTAさん
若い頃の貧乏話は
懐かしくなりますよね

私もふと思い出し
記事に書いてみました
2009年06月22日 20:01
>>じいじさん
身体が財布に逆らう時があるんですよね(笑)

じいじさんもやりますね

私も缶ビールを2本買って
つまみは無しの時もありました

いずれにしても懐かしいです

この記事へのトラックバック